40代独身OLのサバイバル日誌

【4コマ漫画ブログ】気付けば独身のまま40代に。。寂しいけれど乗り切り方は?もう子供は諦めるべき?婚活疲れでやばい?本意じゃないのに親不孝?会社での居場所が微妙なのに65歳までもつの?年金も少ないのに人生100時代て老後大丈夫?孤独死を回避するには? そんな悩みに加え職場や世間からの風当たりも厳しいけれど、この荒波を強く生き抜いてやるぞ! 仲間(40代独身OL)の皆さん、今は周りに負け組とか好きに言わせておいて、力を合わせて必ず幸せになろうではありませんか!

どうしてこうなった??(2.恋愛編)

f:id:miumiublog:20171014174329j:plain

こんにちは!自分の半生をさくっと振り返り中です。

前回は仕事のプレッシャーがきつくてプライベートを犠牲にして頑張った、というところで終わり、

まるで仕事を頑張った私を褒めて!というかまってちゃん的な書きっぷりでしたが、要は不器用だって話です。

まぁ、実際は趣味や恋愛に向き合える時期もそれなりにはありました。組織変更などもあったし。

 

彼氏がいた事もあったし、合コンに行ってた時期もありました。でもベースは仕事が忙しかったし同士たちもいたので、あまり寂しさや焦りを感じることなく30代前半を過ごしてしまいました。。

いつか結婚して子供も産みたいけど、もう少し先でもいいかなぁ~、などと、今ではその頃の自分を殴りたいくらいの無駄な余裕をぶちかましていました。

しかも当時は、結婚は大恋愛の延長だと思っていた乙女(イタい)だったので、「貧乏でも夢を追っている人(ただしイケメンに限る)がステキ!」とかほざいてたような。。(遠い目)

今になって冷静に当時を分析すると、自分と正反対の人を求めていたんですね。自分にないものを持っている人ならお互い補い合えるのかと思っていました。

しかし時間の経過と共に自分自信の変化や経験により、求めるものが現実的になってきましたが。(上の漫画のように)

 

さて、そんなこんなで乙女な夢からうっすら目が覚めはじめた30代後半、「生涯未婚」という言葉がチラつきはじめ、本気で焦るようになりました。

あわてて婚活的なものをはじめましたが時すでに遅し。世間はこれほどまで女性に対しては若さ重視だったのねっ!!という現実を目の当たりにし、心がずたずたになり一旦休憩したまま今に至ります。。